野球用トレーニングシューズ

息子の学童野球に参加するとき、最初の頃は一般的なスニーカーを履いてプレイしていました。

しかし学校の校庭は砂まじりの為、小石が頻繁に靴の中に入り込んでは取り出す。これを度々行う必要がありました。更に一般的なスニーカーはソールの溝が浅く、滑っていつ怪我をしてもおかしくない状態^^;

更に土埃で真っ白になってしまい、洗うのも一苦労…。

そこで、私も野球用トレーニングシューズを買う事を決めました!

実際店舗に見にいくと、私の記憶の中では野球のシューズは白と黒しかないものと思っていましたが、今は違うんですねぇ。

派手なカラーリングも多く、野球のイメージもずいぶん変わっていました。

私の選択の優先順位としては、

1価格が8,000円程度

2履き心地が良く動きやすい

3汚れが拭き取りやすいエナメル素材

4アシックスかニューバランス

で探していたところ、デザインも含めバッチリ当てはまっていた物がありました。

ニューバランスのTJ80v2というトレーニングシューズで、まさに理想のシューズに巡り会えました。

試し履き瞬間にコレだぁ!!

ニューバランスは幅が狭いと言われることがありますが、ウイズ(靴幅)を複数用意しているモデルもあり、こちらのモデルはウイズ2Eのみの展開となっており、野球用(厚いソックスにアンダーソックス)を意識してのサイズなのだと思います。

さらに着脱しやすいベルクロタイプ。これで小石が入ってきてもすぐにbye-bye ( ^_^)/~~~

上記の優先順位4で挙げた、アシックスとニューバランス。スニーカーと運動靴を選ぶときには基本的にこの2つのメーカーから選びます。どちらも履き心地を重点に置いた靴づくりをしており、上級モデルにおいては一切の妥協はありません。

大まかに好きな理由としては、

アシックスは日本人向けの型に丈夫な作りと安心感。

ニューバランスは足を包み込むような履きごごちと、こだわり感じられるミッドソール。

一般的なイメージ(特に10代20代の若い方)ですとどちらのメーカーも野暮ったいと感じられていますが、当然様々なモデルがありますし、私くらいの年齢になりますと一周まわってカッコイイとすら思えてきます。実際小学校のお父さん達の足元を見るとニューバランス率の高さが感じられます。

大好きなニューバランスにも今後の記事で触れていきますので、よろしくお願いします。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる