子供の野球も親の仕事

長男は小学校の少年野球に参加しています。正確にいうと学童野球

学童野球とは基本的には小学生の軟式野球。

少年野球は中学生の軟式野球のことを言うそうです。

さらにボーイズリーグやリトルリーグもあり、実際にどれかに関係していないと何が何だかさっぱり。

小学生の野球を簡単に分けると

硬式ボールを使うのが、ボーイズリーグとリトルリーグ。

軟式ボールを使うのが、学童野球。

ボールの違い以外にも細かいルールや、野球グラウンドのサイズが少しずつ違うとかあります。

あとはボーイズリーグ、リトルリーグは基本的に志が高い子供が多く、もちろん親も熱血度が高いと思われます。学童野球はチームによって雰囲気が全然違いますが、野球を通して少年たちの心身の健全育成を目的としている為、親も一緒に練習に参加できるアットホームなチームが多いと感じます。

実際、野球未経験のお父さん達も沢山いますし、私もその1人です。

キャッチボールから初めて、ボール拾いやノックの補佐、走塁係などで参加しています。

息子と共に成長しているのが実感できます(笑)

新しい事を始めるのは何歳になっても刺激的で楽しい!子供の野球も親の仕事。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる